辺境×日記

ごく個人的に思う事を書く

トラウマ蘇るニンテンドースイッチ「おすそわけプレイ」

ニンテンドースイッチは「おすそわけプレイ」を売りにしているだろう?

 

みんな平気?

なんとも思わない!?

「おすそわけプレイ」でえぐられる心の傷はないというの!?

 

俺はあるぞー!

またやってくれたな任天堂

俺は!俺は!騙されないぞーー!!

 

忘れもしない30年前!

任天堂は、あろうことか、初代ファミリーコンピューターにコントローラーを二つつけただろう!

あたかも「お友達と二人で楽しんでね」という体で!

 

嘘つき!あんなの嘘でしかなかったじゃないか!

 

~~~ ここから回想 ~~~

 

30年前、小学生だった僕にはコウジ君という親友がいた。

 

コウジ君:「スーパーマリオっていうおもしろいゲームがあるんだよ!」

 

ひょんな事で、僕はコウジ君の家でファミコンの「おすそわけプレイ」にあずからせてもらうこととなった。

今にして思えば、時代を30年先に行っていたことになるね。

 

コウジ君:「フグとイカは踏めないんだね~。あ!死んじゃった!」

僕:「あ、じゃ、僕の番だね。」

 

コウジ君がマリオで、僕はルイージ

最初はよかった。

 

でも、、、12のワープが発見されてから、コウジ君は変わってしまった。

4をクリアすることに、急に現実味が出て来たからだ。

 

僕:(コウジ君今日もあっという間に41だな。。あ、死んだ、やっと僕の番だ)

 

ガシッ!!!!!

 

コウジ君の光速の腕が本体のリセットボタンに飛んだ。

こっちを見てニヤリとほほえむ。

 

わかってるよ、、、41で死ぬと、やり直しがチビマリオでトゲゾー踏めないから楽しくないもんね。

いいよいいよ、このファミコンはコウジ君のものなんだし。

 

ルイージは出動せぬまま、コウジ君の11が再び始まる。

 

 

でもまだこれは序の口だった。

 

持ち主の強みで、コウジ君はメキメキとスーパーマリオをきわめていった。

 

1無限1UPが発見されてからは、さらに状況は悪くなった。

僕がルイージ3機ほどでゲームオーバーになるのに、コウジ君は実質無限である。

 

そうなると僕はとなりで「すごーい!」とか「あ!」とか言うだけの物体となるしかなかったのだ。

 

僕:「じゃ、、もう晩ご飯だから、帰るね。。。」

コウジ君:「あ、じゃ、またね。」

 

僕らの友情は初代ファミコンおすそわけプレイで崩壊していった。

 

~~~ 回想終わり ~~~

 

30年の時を経て、再び繰り返される「おすそわけプレイ」の悲劇!!!

持たざる者を屈辱にたたき落とす悪魔のシステム!!

 

俺は!俺は!もう騙されないぞーー!!

 

(回想以外は完全に妄想で書いています。)

「君の名は。」がまた見たすぎて我慢できない!

「君の名は。」をもう一度映画館で見たくてしょうがない。

君の名は。」をもう一度映画館で見たくてしょうがない。

1月に見たばかりなのだけど、本当にいい作品だと思った。

 

なんというか、見る前はいろんな偏見のフィルタをかけてたんですよ。

例えば、

  • 女子高生の可愛さアピール作品なんじゃないか、、
  • 過去の人物入れ替わり作品のリメイクなんじゃないか、、
  • アニメオタクの方々のために作られた非常に間口の狭い作品なんじゃないか、、

云々

 

ぜんぶ間違いでした。

 

実際に見に行って本当に良かった。

特に、映画館で見て本当に良かったと思う。(さらに言うと歌舞伎町のIMAXで見て良かった!!)

 

僕はアニメおたくでもなければ、女子高生も巫女も好きではない。(むしろそういう記号は強烈に苦手、できれば見たくないほうだ。)

しかし、この作品は見た目に反して、そういった「専門ジャンル」に依存した作りにはなっていない。

 

この映画は、「これこれこんな作品でこうだからいいと思う」と、言葉に表現できないのがまた素晴らしい。

強いて自分の言葉で絞り出すなら「美しい感動」とか、もうそういう抽象的な語彙しか思いつかないが、それが良い!のだと思う。

言葉であれこれ説明できたり、ましてや「要は○○の話でしょ?」と要約できるのは駄作であるか、鑑賞者の感性不足のいずれかなのだ。

 

さすがにこれほどの名作でも、そのうち上映が終わるというのが辛い。

この週末は忙しいので、次の週末にでも、もう一度行くかな。。。

 

追記:

「見てみたいけど、独りだしなー」という方、ご安心ください!

独り客ばっかりです!!(自分もそうだった)

始めてみます!!

今までブログが続いたことがないんだけど、今度こそは。

今まで平均2記事ぐらい(!)でブログを閉鎖してたんですよね。

ちょっと人としてどうかと思いますよこれは。

ということで、このブログでは、人生下り坂に入った42歳のおっさんが、これからの撤退戦の様子を克明に記録していこうと思っています。

いかにして能力・体力の減退にあらがわずに暮らしていくかとか、涙あふれる節約術とか。

よろしくお願いします!