辺境×日記

ごく個人的に思う事を書く

「40代は楽しいよ〜!」

f:id:bearcub:20170401100635j:plain

こちらの方の記事を読んで思ったこと。

www.smartstyle-blog.net

 

僕がこの数年で一番心に響いた言葉は、

「40代は楽しいよ〜!」

である。

 

僕が38〜9歳の時に、7歳年上の親友からかけてもらった言葉だ。

 

当時はその言葉の意味は全くわからなかった。

なんせ「40代の自分」を体験していなかったから。

でも、今なら言えるけどこれは本当である。

40歳を過ぎてから、あの言葉をかけてもらった事を何度も思い出し、そして救われた。

 

40代になると、色々な能力の減退が顕著になる。

特に仕事の能力が落ちる。

僕はプログラマーなので、そもそも35歳で能力は尽きているはずである。

 

僕は小学4年の頃からプログラミングを始め、ずっとそれで生きてきた。

でも最近は「もう無理だよ」と正直思うし、

「この会社にはあと10年貢献できないかもね」

と本気で思うようになる。

 

そうなると、それは暗い話なのかというと、そうではないのだ。

 

僕が今考えているのは、

「この仕事に終わりがあるとすれば、自分が求める価値は何なのか?」

ということだ。

そしてそう考えるのは楽しいし、それ自体幸せである。

 

もちろん答えは見えない。

霧の中を少しずつ方向調整しながら進む船のような気分である。

 

若い人はもしかして、

「年取ったらチャレンジングな事もなくて、面白くも無い、疲弊していくだけの灰色の人生なんだろうな」

とか思ってない?

 

残念。そうではないんです。

 

幸い僕は40にして自分が一生大事にしたいと思うものが「いくつか」見つかった。

「ひとつ」じゃなくて「いくつも」見つかったのである。

 

それらについて今は詳しく書かないけど、40代はどうやら「変化」の多い時期のようなのだ。

仕事、体力、能力、住居、財力、親、交友・恋愛関係などなど。

子供がいる人は「家族関係」「子の親離れ」とかもあるのでは?

 

さらに言うと、肉体的成長のピークを過ぎ、下山路(死)を望む地点に来る。

このときに各自に起こる心境の「変化」が最もインパクトが大きいのでは。

 

そして「変化」した結果、自分が思いもしなかった「新たな価値観」を身につける。

これは本当にエキサイティングなことだと思う。

この歳になって自分の人生に新たな地平が開けるんだから。

 

20〜30代は能力を伸ばす時期、仕事に挑戦する時期な人が多いと思う。

40代はそのときに得た能力で自分に襲ってくる人生の課題を乗り越える時期なのかもしれない。

ある意味「ここからが本番」なのでは。

 

僕はまだ42歳でしかないけれど、これからの40代は楽しみでしょうがない。

その先もきっと楽しい人生に違いない。

 

とりあえず

40代は楽しいよ!