辺境×日記

ごく個人的に思う事を書く

同性婚を認める台湾と、同性愛者を鞭打つインドネシア

f:id:bearcub:20170503012921p:plain

台湾で2年以内に同性婚が認められることになった。

headlines.yahoo.co.jp

アジア初の同性婚。

すごい!これはすごい!

 

ここ何ヶ月も台湾の多くの友人たちが、同性婚を求めて運動を続けているのをFacebookで見ていたが、彼らの努力が実って本当によかったと思う。

 

今後、台湾はアジア各国の希望の星となると思う。

日本でこのまま同性婚が許されない場合、僕らの間から台湾に移住する人たちも出てくるんではなかろうか。

 

実はここ数日、ブログを書こうと思っては中断していた。

それというのも、インドネシアでの恐ろしいニュースが二件も流れていたからだ。

これらのニュースを読んでいると、ブログに気楽に記事をこうして書くことに意味があるのだろうか、インドネシアをDisる文章を書いてお茶を濁して何になるというのかと、ぐるぐる考えていたのである。

www.afpbb.com

www.asahi.com

二件目の「売買春行為があった」とされるニュースに関して、自分のインドネシア在住の友人はFacebookで以下のように書いている。

インドネシア人の同性愛者がどれほど苦しい状況にあるかがよく分かる。長いけど全訳しよう。

台湾の兄弟・友人のみんなおめでとう。インドネシア人として(いい意味で)とてもうらやましく思い、我々の政府も早くインドネシアで「平等」が危機状況にあることに気づいてほしいと願いました。

 

2日前、警察の一群がジャカルタ最大のサウナであるAtlantisに踏み込みました。(タイにある)Babylonに警察が踏み込むことを想像してみてください。

自分はここ数年Atlantisには行っていなかったけれど、捕まった彼らが本当にかわいそうに思う。

警察は突如突入し、彼らに大変な屈辱を与えた。

彼らの衣服をはぎ取り、裸のまま警察署へ連行しました。警官の数名は、その様子を写真撮影し、インターネットに流し、彼らを見世物にしました。

 

その頃そのエリアでは、ストレート向けの売春宿が何件も通常営業しており、警察はもちろん彼ら自身が常連客でもある売春宿には突入しなかったのです。それら売春宿のうち一つはあまりにも看板が大きいため、我々ゲイでも皆が知る場所なのに。警察だって、その売春宿を知らなかったわけはないだろうに。

 

今年、僕は29歳になりましたが、僕は今も自分自身を否定し、自分が何者であるかを否定し、社会が望む存在であるように、ここで生き残り、暮らしていくために仮面をかぶっています。

誕生日が来るたびに、また「恥」に覆われた一年が来るのかと思わされます。神が作ったはずのこの自分を否定するほどの「恥」です。

 

もうインドネシアで生きていくのに疲れました。この国をいくら愛していたとしても無理です。

インドネシアの人々は、あらゆるものの上に「宗教」を置くことに必死で、神自体を忘れてしまったかのようです。

「宗教」を褒め称えるあまり、人として何が正しくて何が正しくないかを見失っています。

僕はカトリック教徒ですが、神に誓って、もし「宗教」が正義や人間性から僕を遠ざけるならば、僕は善き不可知論者である事を選ぶ。

善き不可知論者、あるいはもっと言うと、善き無神論者であるほうが、理念主義な宗教原理主義者などよりも天国に入る権利を持つと思う。

 

神様お願いです、はやくこの地獄のような国から脱出する方法を示してください。自分にはあと何年この仮面をかぶった人生を耐えられるかわかりません。

 インドネシアは大変悲惨な状況にある。

友人が早く自由の地に移住できる事を願うばかりだ。