辺境×日記

ごく個人的に思う事を書く

ガルシア・マルケス「百年の孤独」を再読したい

試験勉強のためにブログ断ちをしているのだが、この増田には反応せざるを得ない。

anond.hatelabo.jp

 

そんなあなたに是非オススメしたいのはガルシア・マルケスの「百年の孤独」です!!

(ちなみにこの作品などが主に評価されて彼は1982年のノーベル文学賞を受賞しています。)

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

  • 作者: ガブリエルガルシア=マルケス,Gabriel Garc´ia M´arquez,鼓直
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 25人 クリック: 269回
  • この商品を含むブログ (278件) を見る
 

 南米のある架空の村「マコンド」が興ってから衰退するまでの開拓者一家「ブエンディア家」の百年の物語、、と言われるとそれのどこが面白いのかと思うでしょう。

 

この物語を一言で表現すると「怒濤」。

時の流れというのは、つまり人生の束なのだと思わせてくれる、不思議な物語です。

 

よく、人が死ぬ寸前に「自分の人生を走馬燈のように見る」というではありませんか。

この物語はいわば「走馬燈回りっぱなし」です。

「人生は走馬燈そのもの」なんではないかと思えてくる。

 

とにかくテンポがいい。物語が最高速度でひたすら流れ続ける。

普通「物語」というと、「話を展開すること」に主眼が置かれると思いますけど、ガルシア・マルケスは明らかにこの物語では「時を流すこと」に主眼を置いている。

その発想の転換が、これほどまでの中毒性を産むということを、なぜ彼は知っていたのか。

 

ちょっとこの物語の出だしを引用しましょう。

長い歳月が流れて銃殺隊の前に立つはめになったとき、恐らくアウレリャノ・ブエンディア大佐は、父親のお供をして初めて氷というものを見た、あの遠い日の午後を思い出したにちがいない。マコンドも当時は、先史時代のけものの卵のようにすべすべした、白くて大きな石がごろごろしている瀬を、澄んだ水が勢いよく落ちていく川のほとりに、葦と泥づくりの家が二十軒ほど建っているだけの小さな村だった。ようやく開けそめた新天地なので名前のないものが山ほどあって、話をするときは、いちいち指ささなければならなかった。毎年三月になると、ぼろをぶら下げたジプシーの一家が村のはずれにテントを張り、笛や太鼓をにぎやかに鳴らして新しい品物の到来を触れて歩いた。最初に磁石が持ち込まれた。

、、、、、、、

危ない!!うっかり再読が始まってしまうところであった。

最初の一文だけ引用するつもりであったけど、すさまじい中毒性の重力に抗いきれないところであった。

 

いきなり一文目に「銃殺」と「村のはじまりの様子」が詰め込まれているこの高密度感。

そしてこのテンションが最後までずっと続きます。

こんな体験のできる文章ってなかなか他にありません。

 

この翻訳がまた非常によくできていて、流れるような幻想的な日本語で、くせにならずにはいられない。

 

外国の文学にありがちな「登場人物多すぎ問題」も家系図付きなので安心です。

ですが、それも実はたぶんガルシア・マルケスの作戦で、名前が混乱してきて読者の脳みそがハイになってくるぐらいを狙っているのではないかと途中で思えてきます。

(家系図三段目右にある「アウレリャノ(17名)」ってあたりがその極端な事象なのですが。。。)

f:id:bearcub:20171015223138j:plain

この手の「名作」と言われる小説で自分が人生で二度三度読んだのは、今の所ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」だけですが、次に二度読みするのはまちがいなくこの「百年の孤独」に違いない。

(しかし、今にして思えば「主人公のオラオラ感」がこの二作品には共通しているな。。。)

 

しかも、今僕はスペイン語を集中的に勉強しているので、実は辞書があれば原書が読めそうということも最近判明した。

あと数年スペイン語を勉強した暁には「『百年の孤独』を原書で再読!」という夢のようのことが実現するかも!!

 

では勉強に戻ります。