辺境×日記

ごく個人的に思う事を書く

LGBTは一般人ではないので共謀罪の対象になる

我々は「一般人」なのか?

共謀罪がまもなく強行採決されそうだとのこと。

news.yahoo.co.jp

この議論の中でしきりに「一般の人は対象にならない」と言っているようだが、ここで我々LGBTがそもそも「一般人」と思われているかを振り返ってみよう。

まず、政府の見方

学習指導要領でLGBTを指導内容とするかについての文科省のコメント

文科省は「LGBTを指導内容として扱うのは、保護者や国民の理解などを考慮すると難しい」として却下

いさぎよいまでにLGBTは「国民」の範疇にすら入っていない。

www.excite.co.jp

次に地方自治体

LGBTが里親になれるかどうかと聞かれた群馬県の例。

県は「父親と母親が協力して子育てする家族形態が『標準』になりやすく、優先される」と、“LGBT里親”には慎重だ。

「標準」ではないとのこと。

LGBT里親 県は慎重「普通の家庭が優先」/群馬  (毎日新聞)

そして民間

エンジャパンの行ったアンケート

「ダイバーシティの促進のために必要なことは何だと思いますか?」と伺ったところ、多かった回答は「一般社員の理解」

この「ダイバーシティ」で想定されているのは女性やLGBTなのだけど、この問題設定自体、我々が「一般」ではないと言っているようなものである。

www.huffingtonpost.jp

共謀罪で我々は何もできなくなる

こうした「共謀罪」とは異なる文脈で我々がどのように表現されているかを見れば、我々ゲイが「一般人」でも「普通の人」でもないと常々本心で思われていることが明白である。

共謀罪が成立したら、何か理由をつけて我々をしょっぴく際に、「一般人かどうか」というガードはすでに外れているようなものだ。

 

という事は、僕らは例えば政治に関するデモや集会にはまず参加できないことになる。

そうすると、この前開催された「レインボープライド」のような我々のイベントを権力側が中止に追い込む事も簡単なのではないか。

 

これは、実際に石原都知事が新宿二丁目をつぶそうとしていた頃を知っているゲイの方なら、簡単に想像がつくと思う。

f:id:bearcub:20170517225345j:plain

日本の特別地域5 東京都 新宿区(電子版) - 昼間たかし, 佐藤圭亮 - Google ブックス

当時は共謀罪が無かったが、共謀罪が成立してしまえば、二丁目からゲイバーを駆逐することは赤子の手をひねるようなものだろう。

だって、「一般人」ではない人々の巣窟なのだから。

 

共謀罪でしょっ引かれる以上に、我々が政治的に身動きとれなくなるというのは我々にとって非常に恐ろしいことだと思う。

世の中には先進国なのにゲイをむち打ち刑にするシンガポールのような国もあるわけだから、日本がいつかそんな悪法をつくろうとしないとも限らない。そんな悪夢を止めるために発言することもできなくなるということだから。

まとめ

おそらく共謀罪は採決されてしまうだろう。

これはアベノミクスに釣られて無邪気に自民党に投票し、圧倒的な権力を与えてしまった我々有権者の責任である。(僕はこれまで一度も自民党には投票していないけど)

我々ゲイの方々の中にも、自民党に投票した人は相当多いはずだ。

これからの数年でなんとかこの状況をひっくり返せるのだろうか?ダメならどうする?