辺境×日記

ごく個人的に思う事を書く

ゲイの僕が会社で遭遇した悪夢

前の記事で触れた、「過去に職場で起こったある事件」の話。

www.bearcub-blog.com

僕はこれから書くこの事件で、うちの会社が僕らのようなゲイを排斥・差別する集団だと決定的に認識させられた。

今もその認識は変わらぬままだ。

発端は同性結婚

うちに商談に来た某外資系企業の営業がある写真を持ってきた。

「この前、ここに一緒におじゃましたAさん、結婚したそうですよ。」

彼のゲスな笑顔で察しが付いた。

 

写真は、先日お会いした外国人のAさんが、男性と並んで写っているものだった。

同性結婚である。

 

目の前の日本支社の日本人営業は、明らかにこれを「変な意味で盛り上がる商談導入トーク」の一環として、その写真をわざわざカラーコピーして持って来たのだ。

Aさんは、自分が幸せの共有と感謝のメッセージとして仲間に送ったであろうその写真が、こんな最悪の使われ方をしているとは、思いもしなかったであろう。

 

「よかったですね!おめでとうとお伝えください。」

僕は怒りをぐっとこらえ、震える声で、ただただAさんを祝福するだけにとどめた。

 

しかし、話はこれだけでは収まらなかったのだ。

弊社内の最悪な反応

商談が終わり、僕はそのカラーコピーを持って、Aさんと面識のある他の社員にその件を報告した。

祝福の態度を期待していた僕は甘かった。

 

「え!やっぱりそうだったんだ!気持ち悪〜〜!!」

 

ああ、やはりこうなるのか。。。

その話は中小企業であるうちの会社の狭いオフィスで、瞬く間に発火した。

もっと最悪な展開へ

その日は夕方から夜にかけて、会社の会議室で料理を囲んで社員の懇親会が催される日であった。

 

Aさんとその夫のツーショットのカラーコピーは、むごいことに、その会議室の壁にセロテープで張り出されることになった。

 

そして、全員で再び

「気持ち悪い〜」

「前回の食事会でAさんに触られた!」(食事会の席隣で手が脚に当たっただけなのに)

「やっぱりあいつ変態だったんだ」

「俺は違うからな!!」

の大合唱。

 

Aさんの写真を他の社員に報告した自分を責めた。

写真の中のAさんに本当に申し訳ない。

正直、こんな組織に自分は所属していいのかと思った。

その後

その後、僕はまだAさんとは再会していない。

もし何かの会議などで再会できたら、せめて直接祝福の言葉をかけたいと思う。

 

最近うちの会社は新卒募集をかけている。

つい先日、ゲイっぽい男子学生からの履歴書が届いた。

「趣味:美容」となっていただけだが。

 

「こいつおカマだ!」

「ケツ狙われるんじゃない?」

ああ、、、うちの会社は未だにこんな原始人ばかりなのか。

 

しかし、さらに恐ろしいことに経営層の二人はこんな妄言を述べた。

「でも一人ぐらいオネエ社員ほしいよね」「そうそう」

 

営業トークのネタが欲しいだけというのが透けて見える。

僕らは、あなた方のような差別主義者のペットやマスコットではないのだ。

 

うちの会社はこれほどまでの差別意識の闇に沈み込んだ組織だ。

そして、彼らにはその自覚が一切ない。

 

この状況を打破するには、自分が身の上を明かし、

「ここにいるのだから、そうした差別はやめろ」

と言うべきなのか。

 

そこまでする義理は?僕が排除される可能性は?

答えが出ぬままもうすぐ9年だ。